「日本の海百選」青海島の海…癒しのポイント


長門市青海島船越

長門市青海島船越

山口県長門市青海島(おおみじま)の海を紹介します。
青海島の海は「「日本の海百選」の一つ。
西日本のダイビングポイントとしても有名です。
ビーチは砂利浜。
水底は日本海らしい海藻と岩場が続きます。
沖(水深12m付近)へ行くと白い砂地が広がっている所もあります。


ダイバーに近寄ってくるとても人懐っこい魚たち。

キュウセンとホンベラ

海に潜るとすぐ可愛い魚たちが出迎えてくれます。
ベラの仲間や小さなカワハギ、小さなフグ…色々とりどりの魚たちの生態を観察することができます。
ダイバーに近寄ってくるとても人懐っこい魚たち。


青海島船越 洞窟

青海島船越 洞窟

青海島の周辺は地形が面白く、青海島を一周する遊覧船があるぐらい長門の観光名所です。
海の中も同じく地形が面白いです。
代表的なのが海底洞窟。
奥行きはそんなにありません。我々一般ダイバーが入っても安全な洞窟です。
洞窟の奥から見える風景はとっても神秘的…。

洞窟の壁にはいろんな生物が棲んでいます。
その生物を探したり、観察したり、写真に撮ったり…。
洞窟は青海島ダイバー癒しのポイントです。


四季を通して青海島の魅力を満喫できるダイビングポイント


青海島の海 -春-


青海島船越 春 海藻

青海島船越 春

春は海藻が増えてきて海の中は林のようです。
海藻を食べる生き物たちの楽園になります♪
また、ミノウミウシと呼ばれる生き物の恋愛シーズンです。
求愛行動、交接行動…春らしい風景を観察することができます(^^)


アメフラシ

アメフラシ

サガミミノウミウシ

サガミミノウミウシ

サクラミノウミウシ

サクラミノウミウシ


青海島の海 -夏-


アオリイカの卵

アオリイカの卵

春が終わり海藻も枯れてきていよいよ夏です。
夏前ぐらいにアオリイカの卵を見かけることがあります。
浅い水深で産卵するので産卵シーンも見ることができます♪


ミノカサゴ

ミノカサゴ

ひときわ目立つミノカサゴも夏前ぐらいに見かけます。
最初見かけたときは幼魚のミノカサゴも季節とともに成長していきます。
魚が増える頃になるとミノカサゴのお食事シーンもにも出会えます。


ソラスズメダイ

ソラスズメダイ

水温上昇とともに魚も増えていきます!
夏から秋にかけて見られるソラスズメダイは青海島のアイドル的存在。


青海島のアイドル コケギンポ

コケギンポとイトマキヒトデ

岩場に小さな魚が隠れていますよ♪
この子も青海島のアイドル コケギンポ。


青海島の海 -秋―


青海島船越 秋 マアジの群れ

マアジの群れ

夏が過ぎ愛になると青海島のベストシーズン到来です!
夏がダイビングのシーズンと思われがちですが、いろんな魚に多く出会えるのは秋です♪
だから秋がベストシーズンです!
美味しそうな魚からとっても可愛い魚(魚の子供たち)が青海島を舞台にドラマを繰り広げてくれます。
この時期は暖かい海から熱帯系の魚も青海島に来ますよ(^^)


ハコフグ幼魚

ハコフグ幼魚

キンチャクダイ幼魚

キンチャクダイ幼魚

ハタタテダイ

ハタタテダイ


青海島の海 -冬―


青海島紫津浦 冬 透明度

青海島紫津浦 冬 透明度

タツノオトシゴ

タツノオトシゴ

秋の終わりごろ、船越ビーチより紫津浦ビーチで潜ることが増えてきます。
紫津浦ビーチのアイドルはタツノオトシゴ。
水深1m付近でも見られるので是非探してみよう♪


メジナの群れ

メジナの群れ

また紫津浦は船越より魚の群れに出会えます。
特に秋から冬は魚が多く、見ごたえあります。
メジナの群れやイシダイ、カマスやアジの群れなどなどお魚天国です。
そして水温が下がる冬は透明度がグーンとあがります。
海の青さがとってもキレイです。この透明感が冬の醍醐味です!


青海島(おおみじま・おうみじま)


北長門海岸国定公園を代表する景観の一つで、「海上アルプス」とも言われいます。日本の百景に選定され、国の名勝および天然記念物に指定されています。



シェアする